• Facebook

「愛が、多すぎる。」カレンダー写真

ラピート・青の印象

大阪府河内長野市在住堀越善孝さん

南海線・みさき公園駅~孝子駅間にて

ラピートの個性的なフォルムを暮れなずむ孝子のカーブで撮ろうと、臨時運転の日に出かけ、その一瞬を待ちました。思いのほか暗くなったころ、現れたラピートは、銀河鉄道を思わせる光をちりばめながら通過しました。

TOPへ戻る

  • 真っ直ぐに走るラピート!

    大阪府枚方市在住北橋徳幸さん

    南海線・粉浜駅にて

    「なかなか見れないラピートの姿を撮りたくて、超望遠レンズを使いホームの真ん中くらいから、真正面から真っ直ぐに突っ走るような写真を撮りました。カッコいいラピートを撮りたくって日々努力しています。」

  • 静寂の秘境駅

    大阪府河内長野市在住堀越善孝さん

    高野線・紀伊神谷駅にて

    「雪が降るなか、黙々と作業をする人々。鉄路を守るための努力には頭が下がります。秘境駅紀伊神谷の一刻です。駅員さんや作業員の方々に『ご苦労様』『お疲れ様』と声をかけたい一瞬です。」

  • 寒波の中の「特急・こうや」

    大阪府大阪市在住打越正幸さん

    高野線・九度山駅~高野下駅間にて

    「『こうや』号が来る数分前から雪が降り出し、とてもラッキーでした」

  • 指差確認・後部ヨーシ

    大阪府河内長野市在住堀越善孝さん

    高野線・御幸辻駅にて

    「去りゆく列車を見送り、指差確認する鉄道員。この日、紀見峠駅開業100周年の地元のセレモニーであいさつのため駆けつけた方は、きちんとその動作をされました。働く人が支える鉄道の情景に心温かくなりました。」

  • 菜の花の舞台

    大阪府河内長野市在住堀越善孝さん

    高野線・萩原天神駅~北野田駅間にて

    「昔は肥料にするためもあり、一面の菜の花畑やレンゲ畑が見れましたが、最近は少なくなりました。高野線を南下すると萩原天神~北野田間に初めての田園地帯が広がります。農業も高齢化でたいへんですが、なんとか後継者を確保して続けてほしいと願わずにはいれません。」

  • めでたいでんしゃ1歳のお誕生日おめでとう!!

    和歌山市在住九鬼加奈さん

    加太線・加太駅にて

    「めでたいでんしゃ運行開始1周年記念イベントに参加した時の写真です。めでたい電車が大好きな息子は一緒に写真を撮れてとっても嬉しそうでした♡
    この可愛い電車をもっともっとたくさんの方に知っていただきたいです。」

  • 豪華絢爛

    大阪府岸和田市在住田中隆さん

    高野線・狭山駅~大阪狭山市駅間にて

    「沿線の桜並木は正に、豪華絢爛という言葉に相応しい、素晴らしいものでした。」

  • なんば行き、お花見電車

    大阪府岸和田市在住田中隆さん

    高野線・狭山駅~大阪狭山市駅間にて

    「満開の桜の中から、なんば行き、お花見電車が現れました。」

  • 大阪湾を往く「めでたい電車」

    大阪府貝塚市在住橋本達輝さん

    南海線・鳥取ノ荘駅~箱作駅間にて

    「休みの日、天気が良かったのでいつもの場所へ出かけた時、偶然撮影出来た1まいです。検査か何かで羽倉崎へ回送される場面と思われます。」

  • まもなくはっちゃちましゅ

    大阪府在住榊原さえ子さん

    南海線・堺駅にて

    「南海電車に乗る為に愛知の田舎から出て南海沿線の大学へ進学し、そのまま大阪で結婚、そして女児を出産。かわいい2才の盛りについに南海さんの制服を夜な夜な制作。わが子を鉄子にするべく英才教育真っ只中です。運転士さんや車掌さん、駅員さんに褒められるばかりの娘はまんざらでもない様で、喜んで指差確認、アナウンスのマネをしております。これは私が好きな7100。美しいジャンパの並びを娘に説明すると、7100の事を『じゃぱ』(ジャンパ)と呼ぶ様になりました。いいぞその調子。」

  • 梅雨本番

    三重県南牟婁郡在住平瀬正直さん

    高野線・三国ヶ丘駅にて

    「いつもの通勤通学時間帯、この日は豪雨でした。」

  • 安全運行

    大阪府阪南市在住田里義宣さん

    南海線・泉佐野駅にて

    「『私たちが目的地までスムーズに移動できる』という当たり前のことですが、その裏には、365日休むことなく、毎日『安全運行』に努めている南海電車の職員さんが居てることを忘れてはいけません。この写真は、そんながんばっている職員さんを象徴するかのような一枚だと思います。」

  • 夏の風物詩

    大阪府泉佐野市在住定本健太郎さん

    和歌山港線・和歌山港駅にて

    「夏と言えば花火。南海沿線でも毎年いくつもの花火大会が実施されます。なかでも私のお気に入りはこの和歌山港まつり花火大会です。見物客の多くは駅を降り夜店のある方へ向かいますが、ホームから花火と電車を眺めるのもまた格別です。この日は銀色に輝くステンレス製の電車が入線し車体に駅の証明と花火を映してムードを盛り立ててくれました。普段はフェリーで徳島へ渡る人の玄関口として機能している和歌山港駅ですが、この日はいつもと違った一面をみせてくれた和歌山港駅でした。」

  • 風鈴の駅舎

    和歌山市在住高橋順三さん

    高野線・極楽橋駅にて

    「世界遺産の高野山への経路になる極楽橋駅構内に、色とりどりの短冊の風鈴が吊るされ、夏の風物詩になっています。県外や国外からの旅行者の方々も一様に見ながら『お山』へむかわれました。」

  • 出陣!赤備え列車

    埼玉県さいたま市在住堀貴夫さん

    高野線・橋本駅~紀伊清水駅間にて

    「橋本以遠の山岳区間で『赤備え列車』を完全順光で撮りたい・・・と何度も通ってやっとの思いで撮影することが出来た1枚です。橋本駅から歩いて20分以上かかるポイント。苦労したかいがありました。」

  • 高野線のクイーン

    大阪府河内長野市在住石津亨さん

    高野線・千早口駅にて

    「娘と二人で出かけた時の一コマ。高野線のクイーンに手を振る娘。いつまでパパとお出かけしてくれるかな?」

  • 稔の棚田

    大阪府河内長野市在住堀越善孝さん

    高野線・美加の台駅~千早口駅間にて

    「高野線の千早口は山に囲まれた狭隘(きょうあい)な所ですが、棚田が広がっています。稲が実り、彼岸花が咲くころは格別の美しさです。農業を営む人々と挨拶を交わし、時には話し、いろんなことを教えてもらうのは、心安まる楽しいひとときです。」

  • ラピート好きの妹

    大阪府堺市在住中川出海さん

    南海線・難波駅にて

    「南海電車の中で、ラピートの好きな妹が、ラピートの円形のまどをのぞいている写真が何かいいと思います。」

  • 大和川暮情

    大阪府堺市在住村田幸弘さん

    高野線・我孫子前駅~浅香山駅間にて

    「普段見慣れた風景でも、季節や天候によって思いがけない表情を見せてくれることがあります。晴天に恵まれた初夏の夕暮れ、茜色が空と大和川の川面を染める中、次々と通過していく南海電車のシルエットを夢中になってシャッターを切っていました。」

  • 愛のおかげ

    東京都大田区在住梶田陽三さん

    南海線・泉佐野駅にて

    「サザンの出発を確認する駅員氏。かつてのグリーンの南海から、新CIによる“イメチェン”がなされてから約四半世紀。再びグリーンを見ることができたのも、関係する全ての方々の『安全』への高い意識のおかげ。それも一言で表現すれば『南海愛』ホント愛が多すぎます。」

  • 〜紅葉の下を高野山へと向かう〜

    大阪府堺市在住小林宏寿さん

    高野線・九度山駅~高野下駅間にて

    「撮影日は小雨が降ったりやんだりで、生憎のお天気でした。竜王渓の鉄橋あたりにはずっと霧がかかっていましたが、高野山へと向かう特急『こうや』が姿を見せたと同時に霧が晴れ、雨に濡れて一層鮮やかに色づいた山の下を抜け、高野山へとひたすら登っていく特急『こうや』の姿がとても印象的でした。」

  • 南海線日和

    大阪府河内長野市在住堀越善孝さん

    南海線・箱作駅~淡輪駅間にて

    「撮影地でよく出会うのが、線路点検や補修の方たちです。列車密度の高い南海の作業は緊張の連続でしょう。しかし自然豊かな南海沿線はほのぼのする風景が多いのも事実です。」

  • 天使の階段

    大阪府大阪市在住勝二達也さん

    高野線・橋本駅~紀伊清水駅間にて

    「高野線紀ノ川橋梁は、四季折々の表情を見せて私達を楽しませてくれます。この日は、西の雲の彼方から陽射しが降りそそぎ、天に登れそうな光の階段が一瞬現れました。幸運にも高野線の電車と一緒にカメラに収めることが出来ました。」

  • 天空より

    大阪府堺市在住岡崎茜さん

    高野線・九度山駅にて

    「天空の眺めのよい座席からの眺め、乗客の方々もとても楽しそうな雰囲気が伝わってきました。」