• Facebook

100駅100愛

100駅100愛

遂に田原俊彦さんが沿線に! 愛が多すぎる「沿線ぶらり」CM  今回は、田原俊彦さんが南海沿線をぶらりと旅へ。住𠮷大社であるお願い事をしたり、ちんちん電車で繰り広げられるパーティーに合流したり、歴史や人の温かさを感じて、口ずさむのはやっぱりあのフレーズ!
100駅ぶらり旅/南海高野線
100駅ぶらり旅/南海線

CM MAKING 田原俊彦さんの南海100駅ぶらり旅 出発進行!

  • 紀伊神谷駅
  • 九度山駅
  • 学文路駅
  • 天見駅
  • 帝塚山駅
  • 加太駅
  • 岸和田駅
  • 泉大津駅
  • 粉浜駅
  • 住𠮷大社駅
なんば駅

南海高野線メイキングムービー

南海メイキングムービー

TVCM(ロングVer)を観る

TOPへ戻る

加太駅

「100駅ぶらり旅/南海線」のCMは、隠やかな雰囲気が漂う加太駅からスタートです。めでたいでんしゃからゴールドのステージ衣装で降り立つ、スター・田原俊彦さん。キラキラ光る海、心地よい潮風と波の音。誰だって思わず叫んじゃいますよね!
さてさて、ここからどんなぶらり旅が始まるのでしょうか。

岸和田駅

岸和田城のすぐそばに残る紀州街道では、城下町の風情を今でも楽しむことができます。勇壮なイメージの「だんじり」の街はしっとりとした雰囲気も魅力なんですね。田原さんの、街の歴史を感じた全身全霊の表現に注目です!

泉大津駅

次に訪れたのは、「織り」と「編む」をテーマにした博物館「織編館」。
織り職人である白野彪(しろのまさる)さんに実際にジャカード織機という、毛布の織機を動かしていただき、田原さんにもその様子をご覧いただきました。白野さんの説明に真剣に耳を傾ける田原さんの姿が印象的です!

粉浜駅

元気いっぱいの粉浜商店街に、田原さんがやって来ました。「うしや精肉店」さんのできたてコロッケをほおばる姿がとても印象的ですね!
実は、撮影日はうしやさんの定休日でしたが、わざわざお店を開けていただき、実際にコロッケも作っていただいての撮影となりました。

住吉大社駅

最後にやって来たのは住𠮷大社。「太鼓橋」で親しまれている反橋、撫でうさぎ、そして御本殿を巡ります。ゴールドの衣装で「ほんとに愛が多すぎる~」と歌う田原さんのバックには結婚式を挙げたであろう新郎新婦の姿も!WEB用のロングバージョンでは、第一本宮におまいりする田原さんの姿も。どんなことをお祈りされたのでしょうか。

紀伊神谷駅

「100駅ぶらり旅/南海高野線」のスタートは、南海電鉄の秘境駅の一つ、紀伊神谷駅。そこで、撮り鉄の皆さんと一緒に電車を待ち構えるスター・田原俊彦さん。はたしてナイスな写真を撮ることができたのでしょうか!?
実はこのシーンにご出演いただいた撮り鉄の皆さんは、本物の“撮り鉄”なんです。そんな皆さんと横に並んで一眼レフを構える田原さんも様になっていますね。

九度山駅

九度山駅で田原さんが出会ったのは、真田幸村などに扮した手作甲冑九度山真田隊の皆さん。手作りとは思えない甲冑を身にまとった皆さんを見て、田原さんも大興奮。「出陣じゃ~」と叫びながら駅前を皆さんと一緒に何度も走り回っていました。

学文路駅

学文路駅といえば、受験シーズンになると受験生がたくさん訪れる駅ですね。こちらでは、田原さんと受験生がノリノリでダンスを披露します。撮影の都合上、あまりリハーサルが出来なかったのですが、3人はすぐに意気投合して、ばっちりキメキメダンスを見せてくれました。

天見駅

天見駅すぐそばにある南天苑。建築家の辰野金吾氏が設計した歴史的価値の高い温泉旅館です。落ち着いた雰囲気のなかで、田原さんには女将さんとお話ししていただきながら、束の間のゆったりとした時間を過ごしていただきました。

帝塚山駅

帝塚山に降り立った田原さんは、貸切パーティが行われる阪堺電車に乗車!黄色い歓声が飛び交う車内で田原さんがあのフレーズを口ずさみます。
撮影は実際に電車を貸し切って、スタッフお手製の装飾を前日から準備。我孫子道~天王寺駅前間を2往復もしましたが、田原さんが終始盛り上げてくれたので、車内は大賑わい!見ていると一緒に参加しているような気分になりますね。

なんば駅

南海を代表するターミナル駅・なんばは、和歌山市までを結ぶ南海線、高野山までを結ぶ南海高野線の発着地。そして海外のお客さまの大阪ミナミの玄関口でもあります。沿線にお住まいの方はもちろん、海外からのお客さまなど、毎日朝から晩までたくさんの人で賑わっています。