• Facebook

南海100駅自慢

石津川

石津川駅

炎をも恐れぬ、熱気と勇気で満ちています。

師走の空に舞い散るのは雪、ならぬ真っ赤な火の粉。
毎年12月14日、戎さまを祀る石津太神社では
「やっさいほっさい」という神事が行われ、
泉州の奇祭として知られています。舞台は、
境内前にご神木を積み上げた「とんと」を燃やしてできた火の道。
この道を火渡りすると、次の一年を無病息災で過ごせると
言われていて、我こそは、と意気込む人たちが次々と駆け抜けます。
元々は、石津の浜に流れ着いた戎さまを、村人たちが火を焚いて
暖め助けたという故事を再現したのが祭りの始まり。
どんなに寒い冬の夜でも、人々の熱気と勇気が、
まち全体をアツく燃え上がらせてくれます。

愛が、多すぎる。石津川駅の自慢

三度たたいてお願い事をする「祈願板」

石津川駅の東側、国道26号沿いに鎮座する大きな神社は石津神社です。こちらはなんと、全国に数多くあるえびす神社の中で最古の神社と伝えられています。三度たたいてお願い事をする「祈願板」はとても珍しいので、是非試してみてください。

ネギ畑と風車の姿がよく見られました

石津川駅を降りて気になるのが、風車の形をしたモニュメント。その昔、石津川駅周辺はネギ畑と風車がよく見られました。地下水をくみ上げて、ねぎ畑の灌漑に風車が利用されていたそうです。今ではもう見られなくなりましたが、駅前のモニュメントに歴史が刻まれていますね。

堺泉北臨海工業地帯への玄関口

石津川駅前は堺泉北臨海工業地帯への玄関口。朝や夕方の通勤時間は駅前のロータリーと工業地帯を結ぶバスやタクシーが行き交います。堺泉北臨海工業地帯で働く人たちを今日も明日も支えていますよ!

南海100駅自慢 メイキング

火花が飛び散るその一瞬

石津川駅のポスター、何といっても「やっさいほっさい」を避けては通れません。石津太神社で行われる「やっさいほっさい」に携わる人たちの熱気や勇気を伝えるべく、撮影に行ってまいりました。とても神聖な雰囲気の中、「とんと」が燃え上がり、祭りが始まります。カメラマンも、奇跡の一瞬を撮るべく、必死で祭りの流れについて行きながら、シャッターを押し続けます。やはり、見所は火渡りの瞬間。火花が飛び散るその一瞬をポスターにおさめることができました。

アクセスはコチラから

  • 石津神社
  • 石津太神社

TOPへ戻る

路線図から見る ROUTE MAP

路線図 なんば 新今宮 岸里玉出 天下茶屋 萩ノ茶屋 津守 汐見橋 木津川 芦原町 西天下茶屋 関西空港 和歌山港 高野山 紀伊清水 紀見峠 林間田園都市 御幸辻 橋本 学文路 九度山 高野下 下古沢 上古沢 紀伊細川 紀伊神谷 極楽橋 河内長野 千早口 天見 三日市町 美加の台 金剛 滝谷 千代田 北野田 狭山 大阪狭山市 沢ノ町 住吉東 我孫子前 中百舌鳥 百舌鳥八幡丘 三国ヶ 浅香山 堺東 帝塚山 岸和田 蛸地蔵 貝塚 鶴原 二色浜 井原里 和泉大宮 岡田浦 泉佐野 羽倉崎 吉見ノ里 樽井 尾崎 和歌山大学前 みさき公園 孝子 箱作 淡輪 高石 松ノ浜 北助松 忠岡 泉大津 堺 七道 湊 石津川 諏訪ノ森 伽羅橋 高師浜 住ノ江 住吉大社 粉浜 多奈川 深日町 深日港 中松江 八幡前 西ノ庄 二里ヶ浜 磯ノ浦 加太