• Facebook

南海100駅自慢

木津川

木津川駅

大きいけれど寡黙なヒーローが、まちの暮らしを守っています。

毎日、何十隻もの運搬船が行き交う木津川は、大阪の水運の要。
その川をまたぐようにどっしりと構えるのが、緑色の木津川水門です。
船の運航を妨げないよう、日本では珍しいアーチ型を採用し、
同じく大阪市内にある赤色の安治川水門、青色の尻無川水門とともに、
まちの三代水門として高潮による川の氾濫を防いでいます。
大阪市の西部は、土地の成り立ちから地盤が低く、
水害を受けやすい土地。南海トラフ巨大地震による津波発生など、
万一の事態にも備え、西大阪治水事務所の職員の方々は、
水門の日常点検や試運転を欠かしません。
まちを守るレッド、ブルー、グリーンのヒーローがタッグを組み、
安心・安全な暮らしを守っています。

愛が、多すぎる。木津川駅の自慢

昔は貨物駅でした

その昔、紀伊山地で伐採された材木などは貨物列車でこちらの木津川駅まで運ばれ、大正区の方などに輸送されており、貨物取扱駅として重要な役割を担っていました。今でも駅の片隅には当時の名残をとどめており、貨物ヤードの側線の一部などが見られます。

木津川駅のすぐ近くにある神社

木津川駅のすぐ近くにある神社は、浪速神社です。大阪市内にある坐摩(ざま)神社の末社なのだそうです。神社の前には公園もあり、ゆっくりできますね。

南海100駅自慢 メイキング

壮大な撮影でした

木津川にそびえる大きなアーチ型の水門。大阪の治水を支えるとても重要な水門ということで、今回のポスターで採用させていただきました。撮影の日は月に一度の試運転の日。試運転前になるとサイレンが鳴って、周辺にアナウンスが流れ、ちょっとした緊張感が訪れます。そしてゆっくり、ゆっくりと水門が傾いていきます。大きな水門が傾いていく様子はとても壮大。過去にないスケールを感じる撮影となりました。

アクセスはコチラから

  • 木津川駅
  • 浪速神社
  • 木津川水門

TOPへ戻る

路線図から見る ROUTE MAP

路線図 なんば 新今宮 天下茶屋 萩ノ茶屋 津守 汐見橋 木津川 芦原町 西天下茶屋 関西空港 和歌山港 高野山 紀伊清水 橋本 学文路 九度山 高野下 下古沢 上古沢 紀伊神谷 極楽橋 河内長野 天見 三日市町 美加の台 千代田 北野田 狭山 大阪狭山市 住吉東 我孫子前 三国ヶ丘 堺東 帝塚山 蛸地蔵 貝塚 鶴原 二色浜 井原里 和泉大宮 岡田浦 吉見ノ里 尾崎 孝子 箱作 淡輪 高石 北助松 忠岡 泉大津 堺 七道 諏訪ノ森 伽羅橋 高師浜 住ノ江 住吉大社 粉浜 深日港 中松江 八幡前 西ノ庄 磯ノ浦 加太