• Facebook

南海100駅自慢

高野下

高野下駅

人と海、今と未来をつなぐ道なんよ。

ここ椎出(しいで)に、待ちに待った夏がやってくる。
「椎出鬼の舞」は何百年も昔から、この村に伝わる一大神事。
毎年8月16日になると、
主役の鬼が太鼓や笛の音に合わせて舞い踊り、
五穀豊穣や悪疫払い、雨乞いを神社の氏神さまに祈願します。
鬼が姿をあらわすと、境内の様子は一変。
子どもたちは大泣きし、そのあまりの怖がりように、
大人たちが笑ってしまうほど。そんな鬼も実際は、
子どもの頭を撫でたり遊び相手になってくれる、心やさしい存在。
鬼に泣かされたり触れられると、健康になるという言い伝えもあり、
鬼の周りはいつも人だかりが絶えません。
今年も、子どもたちの元気な泣き声が、
村をにぎやかにしてくれます。

愛が、多すぎる。高野下駅の自慢

鉄道好きにはたまらない撮影スポット

高野下駅から九度山方向に進んだところで見えてくるのが丹生川橋梁。こちらは、丹生川の絶景と、鉄橋の豪快さが相まって、鉄道好きには有名な撮影ポイントとなっていますよ。撮影には、安全に十分に配慮して下さいね。

昔は終着駅でした

その昔、こちらの高野下駅は高野山に向かう高野線の終着駅で、駅名は高野山に一番近かった事から「高野山駅」でした。その後、高野線は延伸されて、現在の「高野下駅」になりました。駅名にも歴史ありですね。

高野線の歴史に触れてみよう

高野下駅の構内に設置されているのは、「南海思い出ミュージアム」。こちらは、「こうや花鉄道」プロジェクトおよび高野線全線開通80周年記念事業の一環として設置されたもの。レールを固定するために使用された犬釘や古レールなどが展示されており、高野線の歴史に触れる事ができますよ。

南海100駅自慢 メイキング

椎出の街がひとつになる日

高野下駅のある、椎出のむらがひとつになる日。それは「椎出鬼の舞」の日。この日は、朝からむらはそわそわ、お祭り気分が高まります。夕方になると、厳島神社にたくさんの人が集まり、鬼の登場に歓声が上がります。実はこの鬼、踊るだけでなく、子供たちを追いかけまわすわ、暴れるわ・・・、カメラマン泣かせの鬼だったりもするのです。感情豊かに活き活きとした鬼の様子を楽しめる「鬼の舞」ですが、和歌山県の無形民俗文化財に指定されている、とてもとても貴重な神事です。皆さん、一見の価値アリですよ!

アクセスはコチラから

  • 丹生川橋梁
  • 南海思い出ミュージアム

TOPへ戻る

路線図から見る ROUTE MAP

路線図 なんば 新今宮 岸里玉出 天下茶屋 萩ノ茶屋 津守 汐見橋 木津川 芦原町 西天下茶屋 関西空港 和歌山港 高野山 紀伊清水 紀見峠 林間田園都市 御幸辻 橋本 学文路 九度山 高野下 下古沢 上古沢 紀伊細川 紀伊神谷 極楽橋 河内長野 千早口 天見 三日市町 美加の台 金剛 滝谷 千代田 北野田 狭山 大阪狭山市 沢ノ町 住吉東 我孫子前 中百舌鳥 三国ヶ丘 浅香山 堺東 帝塚山 岸和田 蛸地蔵 貝塚 鶴原 二色浜 井原里 和泉大宮 岡田浦 泉佐野 羽倉崎 吉見ノ里 樽井 尾崎 和歌山大学前 みさき公園 孝子 箱作 淡輪 高石 松ノ浜 北助松 忠岡 泉大津 堺 七道 諏訪ノ森 伽羅橋 高師浜 住ノ江 住吉大社 粉浜 多奈川 深日町 深日港 中松江 八幡前 西ノ庄 二里ヶ浜 磯ノ浦 加太