• Facebook

南海100駅自慢

百舌鳥八幡

百舌鳥八幡駅

日本一の古墳を潤してきた、水の遺産です。

堺のまちは豊かな水系に恵まれ、お茶やお酒の文化が栄えた場所。
駅からすぐの「芦ヶ池」も水源の一つで、
コンコンと地下水が湧き続けています。
この池からは、約1.4kmの「芦ヶ池水路」が通っていて、
古くから仁徳天皇陵の濠へと続く水の循環をつくってきました。
池の水は、かつて農業用水として人々の暮らしを潤し、
今でも濠を美しく保つ水の流れを生み出しています。
地元の住民や学生さんたちによる水路の清掃活動なども行われていて、
まさに人と水とのつながりを結ぶオアシスロード。
地域にとって、古墳に引けをとらない歴史的な遺産です。

愛が、多すぎる。百舌鳥八幡駅の自慢

百舌鳥八幡の駅名の由来は

百舌鳥八幡駅の名前の由来は、もちろん百舌鳥八幡宮ですね。欽明天皇(532~571年)のころに建てられたと伝えらます。本殿前にある大くすは樹齢は700年とも800年ともいわれており、府の天然記念物に指定されています。なんといっても百舌鳥八幡宮といえば、ふとん太鼓を繰り出す「月見祭」。300年以上の伝統があると言われますが、期間中はとてもたくさんの人で賑わいます。

秋祭では獅子舞が出現

百舌鳥八幡駅から少し離れたところに鎮座する長曽根神社は、お掃除やお祭りなど、地元の人たちによって支えられる、地域に密着した神社です。10月に行われる秋の例祭には獅子舞が出現するそうですよ。

百舌鳥古墳群では4番目に大きな古墳

百舌鳥八幡駅から、百舌鳥八幡宮を抜けてさらにもう少し進むと、御廟山古墳に到着します。百舌鳥古墳群では4番目に大きな古墳だそうです。周辺は石畳で舗装された道になっており、散歩コースにもぴったりです。

南海100駅自慢 メイキング

歴史ロマンにあふれた芦ヶ池

百舌鳥八幡駅を下りてすぐ。向陵公園内にある芦ヶ池の撮影です。芦ヶ池は、カモやシラサギなどの野鳥の宝庫で、池の周りは近所の家族連れのみなさんが散歩したりする、とてものどかな場所です。今回、堺観光ボランティアさんから仁徳天皇陵古墳との水系のお話を聞き、とても興味深い内容だったのでポスターに採用させていただきました。何気ない場所にとても重要な歴史が眠っている、そんなロマンにあふれた芦ヶ池。仁徳天皇陵古墳と合わせて、みなさんにご覧いただきたいポイントです。

アクセスはコチラから

  • 百舌鳥八幡宮
  • 長曽根神社
  • 御廟山古墳
  • 芦ヶ池

TOPへ戻る

路線図から見る ROUTE MAP

路線図 なんば 新今宮 岸里玉出 天下茶屋 萩ノ茶屋 津守 汐見橋 木津川 芦原町 西天下茶屋 関西空港 和歌山港 高野山 紀伊清水 紀見峠 林間田園都市 御幸辻 橋本 学文路 九度山 高野下 下古沢 上古沢 紀伊細川 紀伊神谷 極楽橋 河内長野 千早口 天見 三日市町 美加の台 金剛 滝谷 千代田 北野田 狭山 大阪狭山市 沢ノ町 住吉東 我孫子前 中百舌鳥 百舌鳥八幡丘 三国ヶ 浅香山 堺東 帝塚山 岸和田 蛸地蔵 貝塚 鶴原 二色浜 井原里 和泉大宮 岡田浦 泉佐野 羽倉崎 吉見ノ里 樽井 尾崎 和歌山大学前 みさき公園 孝子 箱作 淡輪 高石 松ノ浜 北助松 忠岡 泉大津 堺 七道 湊 石津川 諏訪ノ森 伽羅橋 高師浜 住ノ江 住吉大社 粉浜 多奈川 深日町 深日港 中松江 八幡前 西ノ庄 二里ヶ浜 磯ノ浦 加太