• Facebook

南海100駅自慢

住吉大社

住吉大社駅

お姉ちゃんもお母さんもおばあちゃんも。みんなが踊ってきた伝統の踊りです。

シャンシャンシャンと住𠮷大社に響くのは、鈴の音。
童女と呼ばれる踊り子が、五色絹と鈴のついた団扇を手に、
音頭とりの教導師の周りを飛び跳ねながら、
天下泰平、五穀豊穣を祈ります。
この「住吉踊」は、中世の時代よりも前から
住吉のまちに伝わる伝統芸能。住𠮷大社の神事はもちろん、
成人式や結婚式などでも披露され、地域に深く根ざしています。
地元の女の子たちは、幼い頃から住吉踊に憧れて、
20歳を越えても踊り続けたいという人も多く、
童女は今や200名以上に。
飛んだり跳ねたり、元気いっぱいの彼女たちの踊りは、
見ているこちらにもパワーを与えてくれます。

愛が、多すぎる。住吉大社駅の自慢

すみよっさんといえば

住吉大社駅といえば、住𠮷大社ですね。大阪の人たちの間では「すみよっさん」として親しまれています。全国2300もある住吉神社の総本社であり、正月にはそれはそれは沢山の参拝者で賑わいます。住𠮷大社の本殿は、国宝に指定されており、境内には有名な太鼓橋(たいこばし)など見所も沢山ですね。住吉祭や御田植神事、卯之葉神事などの年中行事や、毎月初辰の日に商売繁昌を祈願する「初辰まいり」などもたいへん有名です。

我が国最初の燈台です

住吉公園のすぐそばにそびえ立っているのは、「住吉の高燈籠」。我が国最初の燈台と言われています。鎌倉時代末期に住𠮷大社への献灯として建てられたのがはじまりだそうですが、江戸時代に入って周辺の海上交通が盛んになると、燈台としての役割に変わっていきました。戦後、台風により破壊され、解体されましたが、昭和49年に復元再建しました。

大阪でもっとも古い公園

住吉大社駅のすぐ前に広がるのは、住吉公園。明治6年に開設された、大阪でもっとも古い公園です。春には桜が満開になり、とても綺麗です。公園中央部の石畳の道は潮掛道といって、かつては住𠮷大社への参道だったそうです。

南海100駅自慢 メイキング

見物の方々で一杯に

住𠮷大社に纏わる神事として古くから伝わる「住吉踊」、みなさん御存知でしたか?今回の撮影では、住𠮷大社まで童女の皆さんに集まっていただき、実際に踊っていただく姿を撮影いたしました。童女の姿で踊る姿は、とっても可愛らしい姿でした。撮影が始まると、どこからともなく見物の方々でいっぱいに。華やかな神社を彩る童女の可愛らしい姿にみなさんうっとりしていました。

アクセスはコチラから

  • 住吉大社
  • 住吉の高燈籠
  • 住吉公園

TOPへ戻る

路線図から見る ROUTE MAP

路線図 なんば 新今宮 岸里玉出 天下茶屋 萩ノ茶屋 津守 汐見橋 木津川 芦原町 西天下茶屋 関西空港 和歌山港 高野山 紀伊清水 紀見峠 御幸辻 橋本 学文路 九度山 高野下 下古沢 上古沢 紀伊神谷 極楽橋 河内長野 千早口 天見 三日市町 美加の台 滝谷 千代田 北野田 狭山 大阪狭山市 住吉東 我孫子前 中百舌鳥 三国ヶ丘 浅香山 堺東 帝塚山 岸和田 蛸地蔵 貝塚 鶴原 二色浜 井原里 和泉大宮 岡田浦 泉佐野 吉見ノ里 樽井 尾崎 和歌山大学前 みさき公園 孝子 箱作 淡輪 高石 松ノ浜 北助松 忠岡 泉大津 堺 七道 諏訪ノ森 伽羅橋 高師浜 住ノ江 住吉大社 粉浜 多奈川 深日港 中松江 八幡前 西ノ庄 二里ヶ浜 磯ノ浦 加太