• Facebook

南海100駅自慢

高師浜

高師浜駅

転んでも、転んでも、立ち上がる。不屈の精神がここに宿っています。

「りんスポ」の愛称で知られる「臨海スポーツセンター」。
年中滑走可能なアイススケート場があり、プロをめざして、
遠方からここのスケート教室に通う人も少なくありません。
このリンクを練習の拠点とし、国際大会で活躍するまでに成長した
有名選手も数知れず。一時は、閉鎖の危機に陥りましたが、
地域住民の支援やスケート教室の生徒さんたちの呼びかけによって、
存続できることに。今では、インストラクターの大西さんを中心に
関西スケート界のメッカになることをめざし整備が進められています。
大ピンチからの大ジャンプを果たした、
まさに七転び八起きのスケートリンク。
たくさんの人の想いがリンクして、
りんスポをアツく盛り上げています。

愛が、多すぎる。高師浜駅の自慢

フィギュアスケートの聖地!?

駅から海側にあるのは、“大阪府立臨海スポーツセンター”。複合スポーツ施設で、府民のスポーツ振興や文化的集会に利用されています。なんとここは、かの有名なフィギュアスケート選手たちが練習したというスケートリンクがあるんです。かつてここのリンクは、夏はプール、冬はスケートと季節に応じて入れ替わっていたそうで、切り替えのときは大がかりな準備が必要だったそう。今ではオールシーズン、スケート愛好者に親しまれています!

百人一首にも詠われる!?

高師浜駅から歩いてすぐ、高石神社に到着します。その昔、この高師浜周辺は白砂青松の美しい海岸だったそうで、その松林の中にこの高石神社は鎮座していたそう。その様子は「音に聞く高師の浜の仇浪はかけじや袖のぬれもこそすれ」と百人一首にも詠われており、その歌碑がこの高石神社の中にも置かれています。

ステンドグラスの駅舎です

羽衣駅からのびる高師浜線の終点高師浜駅は、こぢんまりとした、可愛らしい駅舎で、まちの閑静な雰囲気と合っています。入口にあるステンドグラスがとても印象的で、遠方から見に来られる方も。こちらはかつての名勝高師浜の風景がイメージされたもので、海に鳥が舞う様子が描かれています。

風光明媚な場所なので…

高師浜駅周辺は、その昔、日露戦争で捕虜になったロシア兵の収容所がありました。この場所が選ばれた理由は、気候温暖で、風光明媚な場所だったからだそうです。この辺りは、当時の収容所の名残で、基盤の目のように綺麗に区画されていますが、そんな所にも歴史が残っているんですね。

南海100駅自慢 メイキング

見事な滑りっぷりに注目です!

やって来たのは臨海スポーツセンター、略してりんスポ!高師浜駅から歩いてすぐのところにありますよ。りんスポといえば今人気のフィギュアスケート!撮影当日は、スケート教室に通う生徒さんでいっぱいでした。リンク内には音楽が流れていて、最初はみんなでウォーミングアップ。その後はそれぞれのレベルに合わせて、スピンやステップ、ジャンプなどの練習。どの生徒さんもインストラクター大西さんのアドバイスを熱心にききながら、集中していました。生徒さんたちの見事な滑りをご覧くださいね!

アクセスはコチラから

  • 大阪府立臨海スポーツセンター
  • 高師浜駅 駅舎 & 浜寺俘虜(捕虜)収容所跡
  • 高石神社

TOPへ戻る

路線図から見る ROUTE MAP

路線図 なんば 新今宮 岸里玉出 天下茶屋 萩ノ茶屋 津守 汐見橋 木津川 芦原町 西天下茶屋 関西空港 和歌山港 高野山 紀伊清水 紀見峠 林間田園都市 御幸辻 橋本 学文路 九度山 高野下 下古沢 上古沢 紀伊細川 紀伊神谷 極楽橋 河内長野 千早口 天見 三日市町 美加の台 金剛 滝谷 千代田 北野田 狭山 大阪狭山市 沢ノ町 住吉東 我孫子前 中百舌鳥 三国ヶ丘 浅香山 堺東 帝塚山 岸和田 蛸地蔵 貝塚 鶴原 二色浜 井原里 和泉大宮 岡田浦 泉佐野 羽倉崎 吉見ノ里 樽井 尾崎 和歌山大学前 みさき公園 孝子 箱作 淡輪 高石 松ノ浜 北助松 忠岡 泉大津 堺 七道 諏訪ノ森 伽羅橋 高師浜 住ノ江 住吉大社 粉浜 多奈川 深日町 深日港 中松江 八幡前 西ノ庄 二里ヶ浜 磯ノ浦 加太