• Facebook

南海100駅自慢

淡輪

淡輪駅

リーダーシップにフレンドシップ。子どもたちの成長の船出はここから。

淡輪の広大な海を目の前に臨む「青少年海洋センター」。
大型の船やカヌー、磯遊びなどの体験プログラムを通して、
子どもたちに海とふれあう楽しさを伝えています。
最初は船に乗るのを怖がっていた子でも、
いざ海へ出てみると開放感から次第に笑顔に。
大きなオールを手に、みんなで沖をめざせば
みるみる自信が湧いてきて、仲間意識も強まるようです。
ここでの体験は学びであり、かけがえのない思い出。
淡輪の海が、子どもたちの健やかな成長を見守っています。

愛が、多すぎる。淡輪駅の自慢

夏はとても賑わいます

淡輪といえば、ときめきビーチですね。夏になるとたくさんの海水浴客で賑わいます。白い砂浜がとても綺麗ですよ。それと、こちらには、いくつものビーチバレーコートが設けられていて、本格的に年中ビーチバレーを楽しむことができ、定期的に大会も行われます。ぜひ一度観戦してみては。

立派な前方後円墳

淡輪駅を降りると、お目見えする大きな古墳は、淡輪ニサンザイ古墳。立派な周壕が張り巡らされた、前方後円墳です。よく目をこらして見てみると、葺石(ふきいし)と呼ばれる、古墳の表面に張り巡らされた石がところどころに残っているのが分かりますよ。

海岸線を走る・・・

南海電鉄は海のイメージがあるかもしれませんが、車窓で海が見える箇所は案外少なかったりします。箱作駅~淡輪駅間は、海岸線を走る南海電鉄を見ることができる絶景のスポットなんですよ。

5万本のツツジは圧巻です

淡輪駅から歩くこと10分少々。あたご山公園に到着します。こちらはなんといっても花の名所として有名です! 初春は800本もの桜、そしてそれに引き続き、5月には5万本ともいわれるツツジが、山一面を鮮やかに彩ります。山からはヨットハーバーが見え、花に海に眺めは最高ですよ!

可愛らしい駅舎なんです

淡輪駅の駅舎は洋風木造駅舎ですが、ご覧ください、なかなか可愛らしいと思いませんか。大正14年(1924)に立てられた駅舎は、メルヘンチックな時計塔が目を引きます。淡輪駅に着いたらまず駅舎をチェックして下さいね。

南海100駅自慢 メイキング

子供たちの堂々とした姿に注目

淡輪駅、訪れたのは青少年海洋センター。こちらで行われている体験プログラムを取材させていただくことにしました。撮影当日、行われていたプログラムは、砂浜探検!先生役の大学生たちの上手な進行につられていく子供たち。プログラムの最後に自分たちが見つけたものをみんなの前で発表する場面では、みんなが堂々と発表している姿が微笑ましかったです。そんな体験活動を切り取った一枚を是非ご覧ください。

アクセスはコチラから

  • ときめきビーチ
  • 淡輪ニサンザイ古墳
  • あたご山公園
  • 淡輪駅 駅舎

TOPへ戻る

路線図から見る ROUTE MAP

路線図 なんば 新今宮 天下茶屋 萩ノ茶屋 津守 汐見橋 木津川 芦原町 西天下茶屋 関西空港 和歌山港 高野山 紀伊清水 橋本 学文路 九度山 高野下 下古沢 上古沢 紀伊神谷 極楽橋 河内長野 天見 三日市町 美加の台 千代田 北野田 狭山 大阪狭山市 住吉東 我孫子前 三国ヶ丘 堺東 帝塚山 蛸地蔵 貝塚 鶴原 二色浜 井原里 和泉大宮 岡田浦 吉見ノ里 尾崎 孝子 箱作 淡輪 高石 北助松 忠岡 泉大津 堺 七道 諏訪ノ森 伽羅橋 高師浜 住ノ江 住吉大社 粉浜 深日港 中松江 八幡前 西ノ庄 磯ノ浦 加太