• Facebook

南海電鉄小説コンテスト

最後に最初の、相聞歌

南海電鉄に揺られていた。僕は窓からの景色を特に見ることもなく暇つぶしスマホを覗いていた。

その時だった。


住吉の 粉浜のしじみ 開けも見ず 隠こもりてのみや 恋ひわたりなむ


唐突のことだった。

隣のつり革に掴まって立っていた僕と同年代、そう15,6歳ぐらいの少女がポツリと和歌を呟いたのだった。

和歌が頭の中にループする。

住吉の 粉浜のしじみ 開けも見ず 隠こもりてのみや 恋ひわたりなむ

簡単に言えば好きな人に気持ちを打ち明ける事もせずに恋心を内にいつまでも留めておくと言った趣旨の和歌だろうか・・・そう恋心を伝えられない、片想いの歌だった。

僕は15、6歳の少女が今時の短歌ではなく、そんな和歌を呟いた事を不思議に思い、何気にスマホでその和歌を検索してみたのだった。

するとその和歌は南海電鉄の駅、粉浜駅近くにある歌碑に刻まれた作者不詳の万葉歌である事が判明した。

僕は一瞬、この少女が作った和歌だったら、この年頃にしては渋いと言うか相当変わった女の子だと思ったので少し納得出来たのであった。

もしかすると少女の気持ちをこの和歌が代弁しているのかも知れなかった。

するとだった。

チラッと少女が僕のスマホの画面を覗き込みボソリと小さな声で呟いた。

「人が呟いた和歌をスマホで検索するなんてキモイです」

僕は焦った。そう言われれば確かにキモイかも知れない。だから咄嗟に言い訳を考えた。

「いえ、誤解です。実はさっきのあなたの和歌に僕は共感出来るものがありまして・・・その、そう!僕は今、片想い中なのです!」

するとジト目で僕を不審そうに見ていた少女だったが、誤解が解けたのか可愛らしい林檎の様な頬をテカらせて答えた。

「えっ?あの和歌の切なさをあなたも身に染みて分かっているのですね!私達似た者同士ですね?お友達になりませんか?」

突然の友達宣言に一瞬たじろいだが、はっきり言ってとても可愛らしい少女だった為に僕は思わずOKを出してしまったのであった。

「本当ですか?僕、実は和歌に詳しいんです!色々和歌の事など話し合いましょう」

ハッタリだった。和歌の事など全く知らない。

だがその嘘は一瞬で見破られてしまった。

すると少女は照れ臭そうに言った。

「私達互いに想い人がいるんですね。じゃあ・・・相聞歌の遣り取りをしましょうか?」

「えっ?何に沿わないんです?」

少女が不思議そうな顔つきをする。

「えっ?何に沿わない?もしかして相聞歌を【沿うもんか!】と解釈していませんか?えっと・・・さっき和歌に詳しいと・・・・」

僕は顔を真っ赤にしてしどろもどろに答えた。

「そう、そう、あっ、えっと・・・」

すると少女はクスリと笑って言った。

「いいですよ。友達になろうって誘ったのこちらからでしたし。知ったかぶりをしなくていいです!相聞歌とは想い人同士がその恋心を和歌にしたためて贈り合うのです」

なる程、そう言う事か。

「でも・・・ちょっとそれじゃあ変じゃないですか?僕らは想い人同士ではないので相聞歌を贈り合う意味がないじゃないですか?」

少女は視線を僕から外して窓の外の流れる景色を見ながら言った。

「私、片想いの人がいるの。でも極度の内気でその気持ちをストレートに伝える事が出来ないの。だから、相聞歌を通して告白の訓練をしたいのよ」

正直邪魔くさそうな提案だったが、少女が困っているのを友達となったからには見捨てて置く訳にはゆかなかった。

「相聞歌か。昔の人は風流な事をしていたもんですね。いいですよ!やりましょうか!」

すると少女はチラッとこちらを見て言った。

「あなたも片想いの相手がいるのよね。いつか恋心を打ち明けるんでしょ?いい訓練になるんじゃない?」

片想いの相手がいると言うのは咄嗟に言い繕った嘘だった。

だが今更嘘ですとは言い難かった。

そう片想いの相手がいると共感された為にこんな可愛い少女と友達になる事が出来たのだ。

それを嘘と言えば友達である事を止められてしまうかも知れない。

僕は嘘を吐く気持ちに嫌気がさしながらも嘘を言った。

「そうなんです。僕にも片想いの相手がいまして。きっといつか思いを打ち明ける訓練になると思います。正直和歌はハードルが高いんですが」

少女がクスリと可愛らしいリスの様に笑って言った。

「和歌ではなく、短歌でしましょう。現代風の相聞歌です」

そして僕らはメールアドレスを遣り取りをしたのだった。

翌日、僕は南海電鉄に揺られていた。

昨日、少女は歌碑がある粉浜駅付近に家があると言うので降りた。

僕は粉浜駅の次の駅、住吉大社駅付近に家があるので車内で別れた。

僕はなんば駅からバスで通う高校に行く為に寝ぼけ眼でぼんやりと窓の景色を見ていたのだが、バイブレーションでメールが届いた事を知り、ポケットからスマホを取り出しメールを確認した。

あの少女からだった。

名前は五木美玖。昨日別れ際名前を教えて貰ったのだ。

届いたのは相聞歌だった。  


遠くから 今日も明日も 明後日も ただ見てるだけ あなたの背中


正直、彼女自身に歌の才能がある様には思えなかったが、シンプルに片想いを歌った好感が持てる歌だった。 

僕達は想い人同士ではない。

だから自ずと互いが互いを思う相聞歌とはならず、ちょっとちぐはぐな歌の返しになるかと思ったが僕はメールを打った。


ただ見てる だけの恋から 後一歩 進めば変わる 明々後日の君


そう、もし一歩勇気を持って進めば明々後日はどう恋の運命が変わるか分からないではないか?

すると直ちに返信があった。


その勇気 あるなら既に 告ってる 告れないから 恋に悶える


分からなくはない。まあ恋と言うのはそんなものなのかも知れない。

僕は返信した。


恐いよね フラれる事を 思う時 それだけ彼に 恋した証


そうフラれるのが恐くないなら好きではない証拠だろう。

メールを送ると即返信があった。


でもいつか 告白すると 決めた恋 抑えられない 恋あると知る


僕は罪悪感に囚われていた。そう彼女は僕を良き恋の相談相手だと思って歌を送信して来ている。そう同じ片想いの境遇の者として。

彼女は真摯にその相手の事を思っている様だった。

きっと歌の内容からするに好きで好きで堪らないのだろう。

僕はその日

「頑張ってね」

そう短歌で嘘を吐く事が出来ずにそう返信し締めくくったのであった。


それからも僕が朝と夕方南海電鉄に揺られている時間になると彼女は相聞歌を、そう僕らの間の変則的な相聞歌を送って来たのであった。

彼女はピュアに恋していた。

そう片想いの切ない恋を。


今日君と 通りすがりに 触れ合った 肩と肩だけ 見知らぬ二人


遠くから 君の笑顔を 見てる時 私の一番 至福な時間


明日言おう そう明日ならば この気持ち 伝えられると 何度思いぬ


車窓から 外見る君の 横顔を 気付かれぬ様 そっと盗み見


ああ・・・彼女の片想いの相手は南海電鉄に乗ってる訳だ。


ああ今日も 同じ車両に 乗れた事 恋の神様 感謝している


つり革に 揺られる君の 寝ぐせ見て そっと優しく 触れてみたいな


へえ、その人寝ぐせがあるんだ。ちょっと僕に似ているな・・・。


そして僕もそれなりの歌を罪悪感に囚われながらメールで返していた。


そんなある日の事だった。


学校帰り、南海電鉄に彼女と揺られていた。

毎回同じ時間に乗車していると言う訳ではなかったが偶に時間帯が重なった。

その頃になると僕らの間も打ち解け合い、下の名前で互いを呼ぶ様になっていた。

「秋信、中々、歌上達しないね。本当に心を込めて返信して来ている?」

僕は焦りを隠して答えた。

「とっ、当然さ。歌に気持ちを込めて送っているよ」

彼女はジト目でしばらく僕を見た後、照れ臭そうに言った。

「今度、二人でどっか遊びに行こうか?」

そう僕らは相聞歌の遣り取りをしていただけで、二人でどこかに出掛けた事が一度もなかった。

僕は笑顔で答えた。

「今度の日曜日、みさき公園にでも遊びに行こうか?」

みさき公園は南海電鉄が運営しており、動物園など色々な施設がある遊園地だった。

「本当?嬉しい!」

目をキラキラさせて喜ぶ彼女。

まあ時には恋を忘れて思いっ切り遊ぶのも悪くないかも知れない。

するとその時だった。

「秋信じゃない?ねえ秋信よね!私のこと覚えている?」

見知らぬ女性だった。年頃は僕と同じぐらい。ウチの高校と同じ制服を着ていたが、こんな美女見た事もなかった。

だが・・・よくその顔を見ているとなぜか懐かしい思いがして来た。

「もしかして・・・奈緒?飯塚奈緒ちゃん・・・・」

そう彼女は僕の子供の頃の片想いの相手で、子供の頃に遠くに引っ越した女の子だったのだ。

するとその女の子はいきなり僕にハグして言ったのだった。

「覚えていてくれて嬉しい!今度また引っ越して来たのよ。同じ高校ね!また昔みたいによろしくね」

ハグを解き、ニコリと笑う奈緒。

その美しさは昔とは比べものにならないぐらい洗練されていた。

するとそんな僕らを見て、美玖は僕らから距離を置き、別の車両へと歩いて行こうとした。

そんな美玖を見て慌てて声を掛ける僕。

「おい、美玖、みさき公園の件」

美玖は振り返らずぴしゃりと言った。

「一人で行ってくれば。ああ、そうね、その女性と行って来たらいいじゃない」

一体美玖は何を怒っているんだ・・・。

僕は呆気に取られて美玖の小さな背中を見ていたが奈緒が僕の前に割って入り言った。

「彼女?」

僕は答えた。

「いや・・・友人だよ」

「ふーん・・・そんな風には見えなかったけれど。まあ、いいか。秋信とまさかの再会だしね!」

僕はそれから奈緒と旧交を温める様に、奈緒に再び出会えた事にときめきながらも、心の中では美玖の事を気にしながら、奈緒と話を続けたのであった。

僕が美玖の前で奈緒と再会した日から、ピタリと美玖からの相聞歌は途絶えた。

僕は美玖が心配になり何度もメールを送った。

だが美玖は返信して来なかった。

僕はと言うと正直不思議な気持に囚われていた。

奈緒は昔、僕の片想いの相手だったがただの片想いの相手ではなく初恋の人だったのだ。

そんな奈緒との思いも掛けぬ再会。

正直、嬉しかった。

初恋の人に相応しい美しさで、性格も明るく、既に学校の人気者になりつつあった。

そして奈緒は事あるごとにクラスは違えど僕の教室にやって来て僕に話し掛け僕はクラスメイトに羨ましがられた。

これは僕の、まあ根拠の無い勘だったが、もしかすると奈緒は僕にまんざらな気持ちではなかった様だった。

美玖との相聞歌を僕は思い出していた。


ただ見てる だけの恋から 後一歩 進めば変わる 明々後日の君


そう、もし僕が奈緒に後一歩、歩み寄れば、もしかすると・・・僕の恋は、そうあの頃の片想いは叶うかも知れなかった。

だが・・・奇妙なのは、美玖の面影だった。

奈緒に告白しようかと思った瞬間美玖の顔が脳裏にチラつくのである。

美玖はただの友達だ。

美玖は可愛い女の子だったが僕は正直恋の対象とは見ていなかった。

だが・・・何を僕は迷っているのか?

そんなある日の事だった。

奈緒に放課後、体育館裏に僕は呼び出されたのである。

僕は焦った。

これはやっぱり告白ではなかろうか?

だが僕の中で奈緒の方に踏み込めない、そう美玖への思いをきちんと整理する時間が欲しかった。

僕はじくじくと情けなくずっと逡巡していた。

だが答えを今日出さなければならない様だった。

体育館裏で奈緒と向き合った。

奈緒はストレートに告白して来た。

「実は引っ越しする前から秋信の事が好きだったの。子供だった私はその思いをどう伝えればいいか分からなかった。だけれど今なら伝える事が出来ます。秋信、私と付き合って頂けませんか?」

僕は一度深く目を瞑った。

自分の気持ちに正直に向き合わなくてはならなかった。

奈緒と美玖。

僕の中で美玖が奈緒に並ぶ程、大きな存在になっていたのは僕にとっても意想外の出来事だった。

『僕は美玖の事が好きなのだろうか?ただ変に美玖に同情しているだけではないのだろうか?』

そう恋にピュアに苦しみ、恋に真摯に向き合う美玖の姿に僕はいつの間にか魅かれていたみたいだった。

だが当然、美玖には片想いの想い人がいる事も重々承知していた。

そうだから美玖を選んだとして僕の恋に勝算があるとは思えなかった。

美玖の心をその想い人から僕に振り向けなければならない。

その恋は失敗するかも知れない。

だが・・・今、僕の前に差し出された恋は100%成功する恋だった。

OKの返事さえ出せば100%奈緒とはお付き合い出来るのだ。

0%の可能性がある恋か100%の成功が保証されている恋か?


僕は逡巡を断ち切った。


もう既に答えは出ていた。


「奈緒・・・・ゴメン。実は好きな人がいるんだ」


奈緒の瞳からポロリと涙が零れ落ちたのだった。


この恋の選択は辛かった。

そう誰かを「振る」と言う行為がここまで誰かを傷つけるとは、相聞歌を遣り取りしているだけでは分からないリアルな感情だった。

僕は高校を飛び出してバスでなんば駅に向かい、南海電鉄に乗ると美玖にメールを打っていた。

そうこれを最後のメールと覚悟して。


「美玖。しばらく会っていないね。実はとても大切な話があるんだ。今から会える?待ち合わせ場所は粉浜駅近くの万葉歌碑の前で待ってます」


住吉の粉浜のしじみ開けも見ず 隠こもりてのみや 恋ひわたりなむ


そう全ては美玖が突然呟き出したこの和歌から始まった。

僕の気持ちを打ち明けるにはこの場所以外考えられないのだった。

そして僕は南海電鉄に揺られて粉浜駅に向かった。

しばらく南海電鉄に乗り、粉浜駅に着き、万葉歌碑へと向かった。


僕の心がぎゅっと縮まった。


僕は万葉歌碑の前で何時間でも美玖を待つつもりだった。

だが美玖は既に歌碑の前で待っていてくれたのだった。

もう一ヶ月は美玖に会っていなければメールの遣り取りもしていなかった。

僕は久しぶりに見る美玖の顔を見て泣きたい様な気持ちに襲われた。
そう、ずっと心の中では美玖に会いたくて会いたくて仕方がなかったのだ。

僕は歌碑の前に立つ美玖の前に立った。

美玖が歌碑に刻まれた和歌を指差した。

「住吉の 粉浜のしじみ 開けも見ず 隠こもりてのみや 恋ひわたりなむ・・・・作者不詳の切ない歌だけど、この歌い人は結局恋を打ち明けたのかしらね」

僕は正直に答えた。

「きっと打ち明けたんだと思う。好きで好きで堪らなかったからこんな切ない歌を詠んだんだ」

美玖が歌碑を見ながら言った。

「そうかも知れないわね。この人の恋が叶ったならいいのにな・・・」

「美玖」

僕は力強く美玖に呼び掛けた。

美玖が歌碑から僕に向き合った。

そう僕の恋は万葉の時代にはない。

僕だって平成の時代に叶えたい恋があるんだ!

僕は率直に美玖に気持ちを打ち明けた。

「美玖、僕は君のことが好きだ!付き合って欲しい」

美玖は僕から目を逸らし歌碑に目を向けてしばらく黙った後答えた。

「住吉の 粉浜のしじみ 開けも見ず 隠こもりてのみや 恋ひわたりなむ・・・・この歌を私が呟いたのを秋信がスマホで検索したのが二人の出会いだったと思っているでしょ?」

「ああ、思ってる」

「違うよ。私は・・・・ずっと南海電鉄に乗る私とは違う高校に通う秋信のことを見ていたんだよ」

「じゃあ・・・・・・・・・美玖の片想いの相手って」

「あの・・・相聞歌は恋に向けての訓練なんかではなかった。そう、あなたに送った率直な思いだったの・・・・」

鈍感な僕は一切気付かなかった・・・。

「じゃあ、僕が片想いの相手がいると知ると分かって・・・」

涙目で頷く美玖。

僕は正直に答えた。

「実は、美玖が綺麗だったから友達になりたくて、美玖に共感して貰う為に片想いの相手がいると嘘を吐きました・・・ゴメンナサイ」

美玖は今日、初めてニッコリと笑って答えた。

「でも・・・嬉しい!私の叶わないと思った恋が叶ったから」

「じゃあ・・・返事は」

美玖はこちらが恥ずかしくなる様な大きな声で答えた。


「OKです!」
と。

そしてその帰り道、さよならをした後、僕らは次こそ本当の意味での相聞歌をメールで送りあった。

南海電鉄に揺られる僕のメールに美玖から届いた歌。


明日からの 南海電鉄 君の横 予約しました その指定席


僕はクスッと笑って返信した。


降りる駅 忘れるぐらい 君の傍 そういつまでも 寄り添いたくて


これからも僕らの相聞歌は続いて行く。

そう南海電鉄に揺られながらいつまでも。

閉じる